カテゴリ一覧

過去にペナルティを受けたサイト評価はリセットできない


過去にGoogleからアルゴリズム的に低評価を与えられてしまったドメインを、そうとは知らずに取得してしまうことがあります。所有者がまったく無関係の人になったからといって、その低評価をゼロにすることはできません。

サイト評価のリセットボタンはない

SEOに関することを何でも質問できる掲示板に、次のような内容の質問が投稿されました。

以前にアルゴリズム的に低評価を受けていたと思われるドメイン名をクライアントが取得してしまいました。新しいサイトのはずなのに、何をやってもうまくいきません。

過去のサイトとは異なる新規サイトであることをどうやったら Google に伝えられますか?

Googleのジョン・ミューラー氏はこう回答しました。

ドメインの“リセットボタン”というものはないんだ。Google には内部的にそういったものは存在しない。だから、手動で再審査してもらったとしても何も変わらないだろう。

悪い歴史がそのドメインにたくさん紐付けられてしまっているとしたら、やれることは次のどれかだ。

  • 我慢してやっていく
  • 可能な限り問題を取り除く
  • 別のドメイン名に移す

面倒なことだというのはわかる。
でも、それはどんなビジネスにおいても同じことだし、悪評を取り去るのは大変な作業になる。
さらに、最終的にやる価値があったどうかを前もって言うのは難しいことでもある。

ドメイン取得時は過去の悪い歴史を調べる

新規に取得したドメインが、実は過去に別の人が使用していて、Googleにスパム判定されていたというのは決して珍しいケースではありません。スパム判定されてしまったから、手放したとも考えられます。

 

所有者が変わったとしても、過去の歴史は関連付けられたままです。自動的にリセットされず、さらにGoogle側で手動でリセットすることもできないとのことです。

 

過去にペナルティを受けていたかどうかは、Search Consoleの“手動による対策”レポートをチェックするとわかります。Googleに所有者が変わったことを伝える術はないので、スパム判定を受けていた場合は他人の後始末になりますが、ミューラー氏が示した上記3つの対応のどれかを行うことになります。

 

新たにドメインを取得する時は Wayback Machine などのサイトを使い、過去に誰かに使用された形跡がないかどうかを確認するのをおすすめします。

 

0

トップページに戻る

PageTop