カテゴリ一覧

Excelとはどう違う?便利なスプレッドシートについて


今回はGoogleが開発・提供している表計算ソフト「Googleスプレッドシート」を紹介します。表計算ソフトといえばマイクロソフトのExcel(エクセル)が有名ですが、最近はGoogleアカウントを持っていれば無料で利用できるGoogleスプレッドシートが人気を集めています。

 

特徴は、以下の4つです。

・作成したスプレッドシートが自動でGoogleドライブに保存される

・パソコンやタブレット、スマートフォンで表示・編集することができる

・オンライン上で複数人の編集が可能

・オフラインでも編集できる

※編集したものは次回インターネット接続時に同期されます

Googleスプレッドシートの作成手順

まず、Googleにログインし、右上にあるアイコンを押し、その中から[ドライブ]を開きます。

トップ枠付き

[新規]→[Googleスプレッドシート]で新規のGoogleスプレッドシートを作成します。

新規作成枠付き

[新規作成]を選択すると、下記画像のような画面になります。

スプレッドトップ

作成したスプレッドシートはGoogleドライブに自動的に保存されます。また、他の人と共有することができるので便利です。

Googleスプレッドシートの使い方

Googleスプレッドシートでは、データをグラフ化したり、関数を使用することができます。

グラフの作り方

グラフはとても簡単に作ることができます。試しにグラフを作りながら、機能について紹介していきます。

まず、グラフにしたいデータを選択し、上のメニューバーから[挿入]→[グラフ]を選択すると、グラフが作成されます。

グラフ手順

作成されたグラフは、右側に表示される[グラフエディタ]で編集することができます。

グラフの種類を変更する場合は、[グラフエディタ]→[データ]→[グラフの種類]から選択することができます。

グラフ種類

また、[グラフエディタ]→[カスタマイズ]を選択すると、グラフタイトルのフォント変更やサイズ変更などの機能も使うことが出来ます。

タイトル

一度作成したグラフは自由に編集することができるので、後からグラフの種類や色を変更することも出来ます。

関数の使い方

関数は、上のメニューバーの[Σ(関数)]をクリックすると表示されます。使える関数の種類は豊富なので、下記のサイトを参考にしてください。

Googleスプレッドシートで使用することのできる関数一覧はこちら

 

今回は、実際に[SUM]関数を使って説明します。

計算したいセルを選択して[Σ(関数)]を押し、[SUM]を選択します。

SUM関数

下記画面のように関数が表示されるので、計算したい範囲を選択し、エンターキーを押せば完了です。

SUM関数2

また、関数の頭文字を2~3文字入力するだけで関数を検索することのできる「関数補完」機能も搭載されています。

関数補完

「関数補完」を使えば、簡単に関数を使用することが出来ます。

Googleスプレッドシートは、Excelの代わりとして使うことができます。Googleアカウントを持っている方はぜひ、今回紹介した手順でGoogleスプレッドシートを使用してみてください。

 

[LINK編集部 蔵前]

 

0

トップページに戻る

PageTop