カテゴリ一覧

やってはいけないSEO


検索結果の順位を決めているのはGoogleです。Googleはユーザーにとって価値のあるサイトやページを優先的に表示するため、アルゴリズムと呼ばれるプログラムを使って評価を行います。

 

当初のアルゴリズムは非常にシンプルなもので、これらの隙を突いて本来の価値以上の評価をさせることで、意図的に検索結果をコントロールすることが可能でした。特に『キーワードの出現頻度』『被リンク本数』『情報量』といった要素が大きくウエイトを占めており、多くのサイト運営者やSEO業者がGoogleの意向を無視してこういったアルゴリズムのための対策を重視していました。

結果としてユーザーにとって良い情報が載っているサイトではなく、上手く検索エンジンを騙しているサイトが上位に表示されてしまい、Googleはこういった手法に対してペナルティを課すと同時にアルゴリズムの修正を進めてきました。数年に渡ってアップデートを繰り返して複雑な処理が可能となり、いまでは大幅に精度が向上しています。

こうした背景から、昔のままのSEO対策を行っているとサイトの順位が下がってしまうということが起こり得るのです。

 

そこで、今ではGoogleのガイドラインに反してしまう、やってはいけないSEO対策の技術を紹介します。


 

リンクファームを使う

リンクファームというのは、ハイパーリンクを使って大量の相互リンクをすることで評価向上を狙ったウェブサイトのことを言います。

昔はこのプログラムを利用して、あたかも外部からのリンクが多い良いサイトと思わせて上位表示させる手段が使われていました。今では改善されて、ここからリンクされているだけでペナルティの対象となります。

 

キーワードをページに過剰に入れる

これは昔、ターゲットとなるキーワードがページ内に〇%以上あると上位表示されやすいと言われていたため、出現率を上げるためにキーワードをページ内の特定の箇所に過剰に入れる、というテクニックがありました。

今ではほとんど意味のない対策となるので、検索キーワードはほどほどぐらいにしておくのが良いでしょう。

 

隠しテキストを入れる

隠しテキストとは、他の人には見えないように検索キーワードを入れることです。

背景色と文字色を同じにしてパッと見では気付かないようにします。

こうすることで、重要な検索キーワードをページ内にたくさん盛り込むことができ、上位表示を狙うことができました。今では、簡単に見破られてしまい、意味のない技術になっています。

 

コンテンツをコピーして大量作成する

コンテンツがたくさんあって充実しているウェブサイトは、検索結果にいい影響を与えます。そのコンテンツを増やすために、他のサイトのページをコピーして自分のサイトに載せてコンテンツ数を稼ぐという手法を行っていました。もちろん現在この手法を使うとペナルティの対象となります。

そもそも相手に無断でコピーをするのは著作権法違反となりますので、やってはいけません。

 

自動コンテンツ作成ツールを使う

自動コンテンツ作成ツールとは、その名の通りコンテンツを自動で作ることのできるツールです。

プログラムによって、自動的にでたらめな文章を組み立てたり、海外サイトを自動翻訳してサイトを生成したり、コンテンツとしての価値があまりないサイトを大量に作ることが出来るツールです。現在はこのように一気に大量生産されたコンテンツや重複したコンテンツはペナルティ対象となります。

 

クローキングをする

クローキングとは、ウェブサイトに細工をしてグーグルのロボットと一般のユーザーで異なるページを表示する手法のことを言います。ロボット用のページにはSEO対策をしっかりと行い、それによって評価を高めていました。故意にクローキングを行うとスパム行為と見なされます。しかし、故意ではないのにクローキングとされてしまうケースとして、PC、スマートフォンなどのデバイスごとにコンテンツを保有していたり、国によって言語を切り替えて表示していたりするなどが挙げられます。その場合、グーグルのロボットを振り分けないように注意していれば大丈夫です。

 

ドアウェイページを作る

ドアウェイページとは、誘導ページとも呼ばれ、他のページに誘導するために作られたウェブページのことをいいます。どのようなページが当てはまるのかというと、特定のページへのリンクを貼っただけの質の低いページや、一部のキーワードだけを変えただけで内容が他とほぼ同じページなどが当てはまります。後者は全国展開している事業者が都道府県名だけを変更してあとは同じ内容で作るということをやりがちなので注意が必要です。

その点、ヘブンのガイドや検索結果はしっかりと対策を行っていますのでご安心ください。

まとめ

SEO対策というと小手先のテクニックに走ってしまいがちですが、冒頭でも述べたように、Googleのアルゴリズムは日々改善され、その精度はアップデートのたびに良くなっています。今は、不正に対してGoogleが後手に回っていますが、先手を打たれるのも時間の問題であり、今後のSEOに絶対的な近道は存在しなくなるでしょう。

そもそも、ブラックハットSEOはユーザーのためにもなりませんし、自身のサイトの評価を下げる行為に繋がるのでやってはいけません。

検索結果で上位に表示されたいなら、ユーザーに有益なコンテンツを地道に積み上げていくことが一番のSEO対策となるでしょう。


トップページに戻る

PageTop