カテゴリ一覧

Googleが解説!「重複コンテンツと正規化について」


重複コンテンツに関するヘルプ記事をGoogleが更新しました。今回はその内容を簡単に紹介します。

ヘルプ記事の概要

記事は次のような項目について解説しています。

・類似ページや重複ページが生じる原因

・正規化の詳細

・正規ページの指定が重要な理由

・正規ページを指定する方法

重複コンテンツに対して、Googleはページを正規化することを勧めていることが分かります。

正規化が必要な重複コンテンツとは?

正規化が必要な重複コンテンツに関して、Googleは

・1 つのページに複数の URL でアクセス可能な場合
・別個のページのコンテンツが類似している場合(たとえば、ページにモバイル版と PC 版の両方がある場合)

としています。

 

つまり、正規化が必要な重複コンテンツとは、

自サイト内で類似コンテンツが発生している状態のことをいいます。

正規化を推奨する理由

重複コンテンツによって評価が下がったり、ペナルティを受けることはありません。また、サイトによっては、コンテンツ内容が重複してしまうことはやむを得ないとGoogleも承知しています。

 

しかし、Googlebotが正しいページを判断しきれず、間違ったページを正しいとみなしてしまう可能性は十分にありえます。その場合、本来の正しいページはクロールの頻度が減り、やがて検索結果に表示されなくなってしまいます。

 

そのため、サイト運営者側からGooglebotに正しいページを教えてあげる「正規化」が必要になります。

 

他にも、Googleは以下の理由で正規化を推奨しています。

・検索結果でユーザーに表示する URL を指定するため

・類似ページや重複ページについてリンクのシグナルを統合するため

・1 つの商品やトピックのトラッキング指標を単純化するため

・シンジケーション コンテンツを管理するため

・重複したページのクロールに時間がかかるのを防ぐため

Googleが提示する正規化方法

正規化の方法は以下のとおりです。

・使用するドメインを指定する

・rel=canonical タグを使用する

・サイトマップ

・301 リダイレクト

全てやる必要はなく、用途に応じて使い分けます。

 

ヘブンネット、ガールズヘブンでは、ともにrel=canonicalの設置や、ドメインの統一などで重複対策を行っています。

まとめ

ヘルプ記事には、他にも重複コンテンツや正規化に関する詳細が説明されています。

重複コンテンツについて理解を深めたい方やweb担当者は目を通しておきましょう。

 

ヘルプ記事(引用元):重複したURLを統合する

 


トップページに戻る

PageTop