カテゴリ一覧

すべての非HTTPSページに警告を常時表示!Google Chromeに7月から


Googleは、今年7月予定のChromeバージョンアップから、すべての非HTTPSページに対し警告文を常時表示させることを発表しました。

バージョンアップの概要

現在、シークレットモードを使用している時と通常モードでフォームにテキストを記入する時に限り、「保護されていない通信」という警告文が表示されます。これが、バージョンアップ後は常時表示されるようになるのです。

 

変更前

変更後

Googleはかねてより、非HTTPSページに対して最終的には警告を出すことをたびたび言及しており、来るべくしてきたバージョンアップになります。

HTTPSの有用性

HTTPSは情報を暗号化し、サーバーに送信するよう指示するプロトコル(通信するためのルール)です。暗号化することでユーザーの情報が第三者に読み取られることなく、安全にウェブページが閲覧できるようになります。

 

このように、ユーザーのプライバシー保護に大いに役立っており、むしろ、セキュリティとプライバシーの保護が叫ばれるウェブでは、必須になってきたともいえます。

 

まだHTTPSに移行できていないページは大至急始めるべきでしょう。

まとめ

今回はChromeの仕様変更なため、ランキングへの影響はありません。ましてやペナルティを受けたりすることもありません。しかし、情報保護や、「保護されていない通信」という警告文がユーザーに与える印象を考えると、HTTPSへの移行はやっておいたほうがいいでしょう。

 

ちなみに、ヘブンネットやガールズヘブンは、既にHTTPSに移行しています。

 ヘブンネット

ガールズヘブン


画像引用元:海外SEO情報ブログ(https://www.suzukikenichi.com/blog/chrome-will-mark-all-http-sites-as-not-secure-in-july-2018/

 


トップページに戻る

PageTop