カテゴリ一覧

【PC・スマホ機種別】知っていると便利なスクリーンショットの撮り方


普段、パソコンやスマートフォンを使用しているとき、「スクリーンショット」で画面を撮影したいと思う場面は多いと思います。

スクリーンショットとは、端末で表示している画面をそのまま撮影することができる機能です。画面をそのまま撮影することができるので、端末で何か不具合が起きた場合の説明や、操作手順の説明などで使用すると便利な機能です。

 

今回は、Windows、Mac、Android、iPhoneの4つの機種でのスクリーンショットの撮影の仕方を紹介します。

Windows

Windowsでスクリーンショットを撮影する場合、[Print Screen]を押してスクリーンショットを使う方法が一般的です。

※お使いのキーボードによっては[Prnt Scrn][Prt Sc]など略されている場合もあります。

[Print Screen]は、キーボードの一番上にあります。

ウィンドウズ

①スクリーンショットを撮りたい画面を開き、[Print Screen]を押し、画面を撮影します。

②[スタートボタン]→[すべてのプログラム]→[アクセサリ]→[ペイント]でペイントを開きます。

アクセサリ枠付き

③起動したペイントの画面で[Ctrl+V]を押すと、撮影したイメージがペイントに貼り付けられます。

ペイント

④[Ctrl+S]もしくは[ファイル]→[名前を付けて保存]で保存します。

名前を

また、初期からインストールされている「Snipping Tool」というソフトでもスクリーンショットを撮影することができます。

詳しい操作手順は下記のURLをご覧ください。

Snipping Toolでスクリーンショットを撮影する方法はコチラから

Mac

Macでは、「画面全体」「画面の選択した部分の撮影方法」の2種類を紹介します。

画面全体の撮影方法

画面全体を撮影する場合、[shift+command+3]キーで画面全体のスクリーンショットを撮影することができます。

画面全体

画面の選択した部分の撮影方法

画面の選択した部分を撮影する場合は、[shift+command+4]キーを使います。

①[shift+command+4]キーを押し、ポインタが十字型に変るのを確認します。

②その状態で、ドラッグして撮影したい範囲を選択します。

③撮影したい範囲が選択されたら、マウスまたはトラックパッドのボタンを放します。範囲の取り消しをしたい場合は、ボタンを放す前に[escape(esp)]を押します。

④スクリーンショットが保存されます。

画面全体

撮影したスクリーンショットは自動的にデスクトップに保存されます。

iPhone

iPhoneでスクリーンショットを撮影する方法は、iPhoneⅩとそれ以外で大きく分かれます。

iPhoneⅩ

ホームボタンが廃止されたiPhoneⅩの場合は、[電源ボタン]と[音量を上げるボタン]を同時に押すことでスクリーンショットを撮影することができます。

アイポン10電源
アイポン10音量

ホームボタンを押さなくてもいいので、iPhoneⅩ以前の端末よりも、片手での撮影がしやすくなっています。

iPhoneⅩ以前

iPhoneⅩ以前の端末でスクリーンショットを撮影する場合は、[電源ボタン]と[ホームボタン]を同時に押すことで表示している画面の撮影を行うことができます。

スマホスクショ

撮影したスクリーンショットは、[写真]→[スクリーンショット](または[カメラロール])や、[モーメント]で確認することができます。

iphone1

iOS9以降では、写真アプリ内で「スクリーンショット」という項目が追加されたので、スクリーンショット画像が確認しやすくなりました。

Android

Androidのほとんどの端末の場合は[電源ボタン]と[音量を下げるボタン]の同時長押しすることで、スクリーンショットを撮影することができます。

アンドロイド

Androidの端末によっては、上記の方法でスクリーンショットが撮影できない場合があります。撮影方法が端末ごとに違うので、下記の中から該当するものでご確認ください。

 

・Xperiaシリーズの一部:[電源ボタン]の長押しからスクリーンショットを選択

・GALAXYシリーズの一部:[電源ボタン]と[ホームボタン]の同時長押し

・arrowsシリーズの一部:[キャプメモ]機能により画面の端部をなぞって撮影

 

Androidでは、スクリーンショットの撮影に成功すると、画面が光ったり一瞬点滅するようなエフェクトが入ります。また、撮影が完了したという通知が表示されるので、通知をタップして撮影した画像を確認することも可能です。

スクリーンショット機能は、実際に使用してみるととても便利な機能です。ぜひ、お使いの端末でスクリーンショットの撮影方法をお試しください。

 

[LINK編集部 蔵前]

 


トップページに戻る

PageTop